うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

自然から自然への間

時に怒りすぎてしまったり、
うまくいったり。


そんな繰り返しの中で成長していくんだろうと思います。

僕はだんだんとクラスのレベルを上げていくのが
自分なりにしっくりきています。


「今これができるようになったね
次はこれができるようになろう」

みたいに。


夏休み明けのうちのクラスの課題は「時間管理」
これは子どもたちが実感し始めた課題
そうじ時間が遅いんだけど〜って(笑)

なので、だんだん手を話し始め

WBMで話し合ったり、またうるさく言ってしまったり。


でも、一度あげたハードルは下げません。
「できていること、成長したことをしっかりと認める」僕のほめる基準はここにあります。
「一度できたことをできなくなった」これは問答無用です(笑)



「こういうものすごいフェアなところがいいんだと思います。」
教育相談員の先生にそんなことを言われました。


今は変革期。なのでクラスの状態は不自然に。
自然になるまで、もう少し辛抱です
これは去年から好きな言葉です。

「自然体になるまでは不自然」

「我慢」ではなく、「辛抱」

夢があるから、夢に向かっているから、辛さを抱くことができるんです。

ま、つれづれなるままに。