読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

話型

話型というのがある。
「〇〇します。理由は何々だからです。」
「〇〇だからゆっくり読んでいたのがよかったと思いました。」

ある程度、型は必要だという人もいるし、もちろんなんで伝えたらいいのか難しい人にとってはありがたいものだろう。
でも、それは表現の自由を奪ってはいないだろうか?
もしかしたら素直に出てきた表現の方が伝わるのかもしれない。

ここに関してはどちらがどうとは、まだ言えないが。
モデルを示す丁寧さ、思考を奪う丁寧さがあるんじゃないかなーと。
ここらへんはこれから少しずつ考えていきたいところだ。