うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

言葉に出さない人を感じとる人に

たくさんしゃべる人にはもちろん憧れます。

すごいなーってでも、きっと自信があるんだろうと思うんです。

「言葉に出して、助けてもらえればアドバイスもらえばいいじゃん」
って言うけど、まず自分のことを出すというハードルがあるんですよね。
もちろんいいことも悪いことももらえるし、
でも、きっと怖いんだなーって思います。
いいことよりも悪いことはずっと心に響くから。

言葉を出さない人はよく見てます。
でね、自分の中で考えているんです。
自分の理想のイメージにどうやって近づけるのか?って。

ある程度、自信がついたら
きっと「私こうやったんだけどどう?」って
言えるんじゃないでしょうか?

だから、まずはどういう自分になりたいのか聴いてあげることから始めたいなーって思います。

自分でも、子どもに
「ちゃんと言ったらいいじゃん」
なんて言ってしまうけど

ゆっくりと始められる人になりたいなーと思います。

そんなことをぼんやりと考えながら
明治神宮にお参りに行ってきたいと思います!