うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

先生の学校

始まる一ヶ月くらい前に
「先生の学校で何学びたい?」と聞かれ
 
「授業のやり方もそうだけど、その背景とか理念とかを学びたい」
 
と答えました。
期待と不安が入り混じる中、始まった3日間は想像以上でした。
 
もう、知識のインプットをしすぎて
そして教育とは何か?
先生とは何か?
目指す子ども像とは何か?
たくさん考えました。
 
目標と評価の大切さを再確認するとともに
自分の実践してきたことの弱さを知りました。
 
ちょっとだけ自分がぶれなくなってきた気もします。
迷った時に立ち戻ることのできる問いができた気がします。
 
本当にすてきな3日間でした。
 
 
 
そこに行くまでの途中で
ラーンネットグローバルスクールにて
国際バカロレア機構の評価規準を学習させていただきました。
そして、ちょんせいこさんにも再びお会いすることができました。
3回目は会えないことが残念ですが、
またこれからの学びが加速しそうです。