うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

作家の時間〜本当の出版〜

作家の時間でできた「最高の一作」
これを文集にした。
 
今日は男の子の作品をみんなで作った。
印刷するのはすごく大変で、
一度のホチキスでは止めきれない量なので
男の子部門、女の子部門
 
そしてできあがり。

これにみんなで色をつけたり
絵を書いたりして世界でたった一つの文集を作った。

 
その後、読んで「友達のいいところ」をみんなで発表
かぎかっこの使い方
長い文章
みんないっぱい意見を出していた。
 
こういう出版ってすごく大切なんだと
もっとやっておけばよかったと思う瞬間!
来年はもっと定期的にやろうと思います
 
明日も楽しみです。