うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

エコキャップを数えよう

うちの学校ではエコキャップといって
ペットボトルのキャップを集めている。

なかでも、うちのクラスは集める数が多い。

子どもたちも
「2年2組はもう12人も助けてるんだよ!」
とちょっと誇らしげ。

今月もいっぱい集まったので
1000より大きい数のはじめとして

「みんなで数えよう」

今回はいつもとは違う。

いつもは班ごとにいくつかずつ分けて
班で数えてくれた分を僕が電卓で計算するんだけど

今回は、1つのことにみんなでチャレンジすることが
サブテーマだった。

「みんなに時間をあげるよ。何分がいい?」
「教科書のページにあるように分かりやすく並べてね。」

ということで始まり始まり〜

床にバーっとちらばったエコキャップを
思い思いに数え始める。

最初はばらばらにやっていたけど

1000のかたまりにはならないかな〜っとつぶやいていると

そのうち、「○○さんのところと合体」
とどんどんつながっていく。
そして紙とえんぴつで計算する子どもたちも
出てきた。

「これ100こあるよ」
とどんどん集まっていく。

うんうん、いい調子。

しかし、アクシデントがやってくる。

移動している最中に
どこが数えてどこが数えてないのかわからなくなってしまったり
数えていたものを二重に数えてしまったり

ふりだしにもどってしまった。。。

そこでみんなで振り返り。

よかったこと、残念だったことをそれぞれ考える
「みんなこっからが大切だよ。ここから考えることには
いいクラスになる秘密がたくさん隠れているから」

○みんなで分けたのがよかった。
○一生懸命みんなが数えてよかった。
●でも、横取りしていた人がいたのがダメだった。
●もっと整理して数えればよかった。

ワークシェアリングを自分たちで考えるなんてすごい。
と思いながら、

みんなでお片づけ。
出来なかったけど、それはとてもいい体験でした。