うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

あけましておめでとうございます。

2018年あけましておめでとうございます。

2017年を振り返ってみると・・・
やってみたいことをやってみようといろいろなことを続けてやってみる一年でした。

例えば、学級通信っぽいものを毎日出してみたり、
教室掲示を計画的に貼ってみたり・・・

子どもたちにとって効果があるなーと思う反面
他の仕事も自分で忙しくしてしまったなーと思うので
ちょっと自分の体にガタがきてしまったなーと思います。

もう少しバランスを考えながら
1つ1つのスピードやかける時間を考えながら
働いていきたいなと思います。
やるかどうかも考えながら

でも継続してきた分
いろいろなことも見えてきました。
授業では「ワークショップ」と「シンキングツール」の可能性
長年にわたって悩んできた
「子どもたちは楽しそうだけど、力がついていていない」っていう問いに答えが出そうな気がします。

クラスを見ていてコミュニケーションの量と質の転換期がだんだんと見えるようにもなってきました。でも、まだここだなっていうのは見えてませんが(笑)
だからこそチームとかコミュニティというものにもまたしっかりと目を向けてみようと思います。

相変わらず、言葉の力には今年もこだわりつつ
その子に合った声掛けを考える子はもちろん、
もう少し場を意識した声掛けをしていきたいな
場を動かし、体験を大切にすることで
伝えられることがないのかなと思っています。

今年もよろしくお願いします。