うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

薬疹になって考えること。

薬が体に合わないってことはあるけど、

実際になってみるととっても怖いなと思いました。

体中がかゆくなって

発疹が出る

f:id:sakanastone:20171229161902j:image

最初は汗疹なのではないかって思っていたけど

違う。

 

もしこれが副作用で呼吸困難とかになっていたら?

もしこれで動けないほど腫れていたら?

 

また新しい薬に変わるけどどうなのだろう?

前回は引っかからなかったけど今回はどうなのだろうか?

 

お薬のアレルギーってのもみなさんは知っておいたほうがいいかも。

けっこう怖いものです。

 

 

自分の体に入れるもの少しずつ考えていかないといけないなと思います。

 

そして、自分の体に関すること

というか自分のことをもっと知っておかないと。

情報を知るってことも大切だなー。このままでは誤った判断をするところだった。

自分から助けを求めることも。たまたま近くに相談できる人がいたからいいけど、放っておいたらこれはまずい。

でも、「可能性がある」ということをしっかりと意識をもって臨んでいることもきっと大切なことなんだろうなー。

と、みなさんもお気をつけて。