うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

ほめるとか叱るとかよりも

もっと大切なことがあるとすればなんだろう?

 

それはきっと聴き切る事だともう。

もしくは心ゆくまで話させること。

この体験はものすごく大切で関係性を紡いで行くために大切だと

 

それをしたことによってちゃんと

ほめるとか叱るとかよりもそういうことが成り立っていくのだと思う。

 

今日は授業を見た。

子供の言葉をスルーしてしまうことが多い。

たしかにどんどん話す言葉に向き合ってはいけない時もある。

でも、ルール守りながら言ってほしい

というのを伝え続けながら

ちゃんと受け止めることが大切なんだと、あらためて思った。