うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

防災・減災から日常へ

昨日は湘南PACE×仙石PACE
仙台からサザンにお越しいただきました。

アクティビティから
コミニュティ
支援とニーズ
サードプレイス
を考えました。

アクティビティをしていて、感じたことを振り返り、防災や減災に当てはめて考えていく。
それと同時に、自分のクラスやコミニュティでは同じことが起きていないのかを考えていく。

手のひらに乗ったレゴブロックや
オレンジのマーカーの
意味をちゃんと理解し

自分の場づくりに生かす。ここが大切だなーと思います。
クラスにオレンジのマーカーはあるのだろうか?
うまく助けを求めて、すぐに応えられるものになっているのか?

いい時間でした。
おもしろいなーって思ったのは、ちゃんと「今、ここ」での話をやりきらないと「日常に返す」ことは話せないなーって。
次の話にいくにはちゃんと一つ一つ出し切らないといけないってことも発見でした。

夏休みのいい宿題をもらった感じです。楽しかった!