うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

はじめての音楽のワークショップ体験

今日は音楽のワークショップを。

音楽が得意ではありません。だからこそ。
自分のしたことをないことをすることで、「できない」っていう感覚を味わう。ドMだなと思います(笑)

音楽だけではなく、他のこともそうだけど
得意な人もいれば、得意でない人もいる。

その時の「何」がこの不安な感情を呼び起こすのか
「簡単にできる」「どんな音を出しても大丈夫」と言いながら、その人の心の中には音を出しながら感じる劣等感があるんですよね。

そういう人はものすごくこれから何が起こるのかが不安で、一人でやれなんて即興で言われたらもう怖いわけですよね。

それなら、みんなで一斉指導されてる方が気持ちが楽だっだり。

グループで何か作るのだって、「足を引っ張りたくない」という気持ちになるし。

そんな感情をケアするような人間関係と
ていねいな場づくり
ついつい繰り返したくなる仕組み
こんなことがきっと必要なんだろうなー。

と。

なかなかふだん体験できない経験。もうちょっとゆっくり振り返り、僕の場づくりに活かしていこうと思います。

そして、こういう僕とは違う他者からの学びは僕に一番の刺激をくれます。
同じような考えを持っている人との話は、励まされるけど学びとしてはどうなのだろう?

 

今年はけっこう大変だったから、

公立学校も私立学校も転職として考えました。

でも、きっとこういう僕とは違う他者が

僕を成長させてくれるのだと思うと、まだまだこの場に居続けようと思います。

 

今日はなかなか刺激的な場でした。