読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

やり直せるならどこからか。

失敗してしまった時にここからやり直せと言われると

たぶん気が滅入るんですよね。

子供もきっとそう。やり直すことは大切なんだろうけど、じゃあそのやり直しどこからやるのか自分で問題の始まりを自覚できればいいと思うのです。

 

だから、「どこからやり直す?」と聞けることっていうのはすごく大切なんだろうなと思います。

それが明日からやり直すのか、もう一度今からやり直すのか

過去を再現し直して、やり直すのか。

自分で選べることが大切なんだろうなと思います。

 

もう一つはわがままを言いたくなる環境とそうでない環境。

そりゃなんでも「人にこれやれ」「あれやれ」って言われてたら、

俺の自由は、どこだー!!!!っていうことを言いたくなる。

でも、やらないってのはさらに怒られでダメなので、自由を作るためにどうするのかそれは課題を早く終わらせること。

そのために何をしたらよいのか。

相手が思っていること、してほしいことはなんなのか考えることが大切だなと思います。

クラスとはみんながいて、なかなか自分の思いが消されてしまうことが多いです。

 

みんなと同じことしてると、注意されないんですけどね(笑)

 

自分で突っ走って、人に迷惑かけたらダメですもんね(笑)

だからこそ、家や他のところでやることをやった上での自由を満喫できることっていうのが大切なんだろうなと思います。

 

もちろんその自由が迷惑になったら元も子もないので、ちゃんとみんなの同意を得てね。

みんなの同意って大切ですね。