うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

学ぶとは一体なんだろう。

学ぶとはまねること

多くの見本になる人がいるということを見つける。

どん欲にまねること

そうやって学んでいくんだ。

 

だから、言葉による注意ではなく、まねる対象をたくさんつくる

「見本になろう」

「こうしたほうがいいよ」

「俺についてこい」と。

 

答えのないことってあるのだろうか?

実はクリエイティブなことって、まったく新しいことではなく、前にやっていたり、何かを足し合わせたり、引いたりすることでできているのではないだろうか?

学びとはいろいろな情報を集め、自分や必要とされるものに合うものをつくることなのではないだろうか?
自分に合う言葉だったり、行動だったり。

 

追記•答えとはきっと仮説をつくることかな。いまの僕の中で。

 

 

と、今日の頭の中を書いておきたくなった。