うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

好き嫌いを否定しない。

好きなものを発表していると
ときおり「ん?」と思うものも出てきます。
そんな時「えー」なんて言葉が出ようもんなら
一言言うようにしています。

「いいよね。好きなんだもん」
「みんなにもあるでしょう。好きなもの。サッカーが好きとか本が好きとかと同じだよね。」

オタク趣味というのはなぜでしょう。変な人扱いされがち。
ふーん、そうなんだと聞き流せるからどうか。

こういうところから人と違うことが悪みたいな文化が生まれてしまうので
僕はこの好き嫌いを面白がっていけるようにしたいなと思っています。

まずはここから自己開示。
自己開示をできるクラスが安心できるクラスなんだろうなと思います。