うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

量も質も。

ほめるとかしかるとか

ずっとずっとそんな言葉にとらわれ過ぎてたのかなーと思います。
それでいて自分らしさを失ってしまったり、ぶれてしまったり。
でも、そんな時間も必要だったのかなと。
もちろんそういった量も必要なんだろうけど。

最近はちゃんと思ったことをフィードバックすることを意識するようになりました。
そして、もう一つ。今日改めて引っかかる言葉にであいました。価値付けるということ。
何度も聞いていてもひっかからなかった言葉に引っかかるようになるってことはきっと成長したんだろうと思います。

そして、今年は集団への価値付けは多く行っていたけど、きっと個人への価値付けは少なかったんだなーと気づきました。

僕の価値を置いていることは何か。
また問い直して、確認して。
毎日、安定した自分へ試行錯誤ですね。