うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

第24回湘南PACE「対話による美術鑑賞」

こんなにじっくり絵から対話したのは初めてかも。平野智紀さんのファシリテーションで話は進んでいきます。
一つの絵に対して静かにそして、だんだんと本質に迫りながら。
少しずつの情報で上手く対話が進むようになっていたんだなーと。

あの雰囲気がたぶん静かな対話を生んだのだと。
あらためて、ファシリーテーターが場を作っていることを思いました。
素敵な場でした。

自然と対話は話は深い話へ。
図工の話、教科を超えて学びとはどういうものか。
表現の仕方
自然と僕たちは言葉にこだわりすぎているんだろうと、あらためてそんなことを思いました。

初めてきた横浜国大。

楽しかったー!
シャーペンだけだけど、けっこうまじめにノートをとってみました(笑)