読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

けんかの気持ちに寄り添って

けんかした時、注意を受けた時
どうでしょうか?
相手への気持ちや苛立ちが先に来てしまうものです。
そこには一通り吐き出したあとで。。。

でも、ふと立ち止まって
「で、自分はどうだったの?」
ともしかしたら自分にも非があるんじゃないかと考えることが問い返しとして重要だと思います。
「そんなことはない」「自分が完全にいいのに」ということはほぼありません。
「自分に悪いところはなかったのか?」と考えることがとっても大切なのかなーと。

「お互いさま」という言葉があるように
お互いに自分を考える場を。
そして、自分から先に謝ることもできたらすてきなんだろうと思います。

こうやって体験を振り返ることにより
子どもたちと向き合う自分も変わっていくのだと思います。