うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

敵か味方か

「相手に何かしてほしい」
と願う時、
その相手とはどのような人なんだろうか。

もしそれが敵だったら、きっと強い言い方になるのだろう。
もしそれが仲間だったら、言い方は変わるんだろう。

先生とクラスの子どもはいつも向かい合っている。
だから、なんだか敵のように感じてしまう。
自分がその勝負に勝つかのように。

でも、きっと違うんだろう。
同じゴールを目指す「仲間」なんだと。
そうしたら、「私はこう思うけど、どう?」と伝えるんじゃないか。

そう、子どもを仲間として見よう。
仲間としてみたら、そこに余裕が生まれるんじゃないか。勝ち負けがなくなるから
これも今の僕の目標のひとつ。

「合意形成とは修正を前提とした今を認めること」
僕はみやじんさんが教えてくれたこの言葉が好きだ。
今の自分ってここなんだと、この考えをしている
「今の自分を、今のここにあるものを大切に」

ライブ感とはそういうものだろう。