うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

グラフィックからプレゼンへ

あるプロジェクトのお手伝いをしています。

「アスリートって競技人生短いよね…。」
そんなことを思われがちで、スポーツ選手を目指す人って一握りに。

でも、そのアスリートと企業をつなぐことで、もっともっとアスリートの人が安心して競技に取り組めるようになったり
アスリートのこんなことしたいをサポートしたり
とっても未来が広がる。

そのプロジェクトがうまくいくと、今「夢はサッカー選手なんだ」と言っている子供たちだって「その先があるんだよ」って、
スポーツにより取り組みやすくなる…
夢を追いかけ続けられるように…

そんな未来を作ろうとしているのが素敵だなと思います。
もしその夢にFacebookのいいね!で一歩近づけるなら。
(僕はFacebookのいいねを正直甘く見ていました。。。)
僕は応援したいなーと思います。

そんなこんなでグラフィックで応援させてもらいました。
f:id:sakanastone:20150827214309j:image
紙芝居のように

そこでは打ち合わせから参加させてもらいました。
こういうプロジェクトの打ち合わせに参加するのは、新しい経験です。

そこでも、やはりグラフィックの効果は感じられました。
言葉の壁を乗り越えるビジュアル化。
「一発でわかる」と。

この体験からいろんなことを学びました。

学び合いの教える側につく力は、翻訳の力であること。
また、教えることで自分にも価値があるということを見つけないと、ふてくされてしまうこと。
お互いにWinWinな関係が大切であること。
これまでや今あることは無駄じゃなく、未来に向けて歩みを考えていくことが大切であること。
そこに丁寧に寄り添うこと。

日常から学びはたくさんあります。
気持ちがわかる。共感できることは大切です。
でも、ルールはしっかりと。

日々、道は続く。