うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

みんなの学び場・参加者として

10人の話を聞くこと。
これはとてもいい場だった。
特に印象に残ったのはイマキヨさんと尾形さん。
そっからずーっと考えてしまう。

どういう人でありたいか?もしくはあってほしいか?
どういう社会であってほしいか?
幸せとは何か?
幸せをつくるとは何か?
信じるってなんだろう?

もう一度、考え直しのチャンスをもらった気がします。
もう少し深くかかわるように仕向けてもいいのかもしれない。
強制的にかかわるということに違和感を感じたときもあったけど、
「日本人ってそういうところあるよね」と言っていたもっさんの言葉が今なら少しわかる気がする。

夏休みが終わったら、少しだけ授業をマイナーチェンジしてみようかなと。

だから、もう一度学び合いの本を読み直し、
問い作りの本を読み直し。
あとはせっかくだし、グラフィックを授業に生かしていきたい。
絵はひとつのバリアフリーであるので、もっと活用していかないと。

僕のベースはたぶんもう変わらないんだというところも再確認。
ちゃんと受容するところと許容しないところを見定めて。
明日からお仕事を再開します。
あー、夏休みが終わる(笑)