読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

ギャップ

初めての学校に来て、最初の一か月がたちました。

長い長い一か月。

ずっと感じていた違和感・・・


4月30日に本質授業研のワークショップに参加した時に
思い出させてもらいました。

圧倒的な違いは子供観だったのです。


今までは
「子供は有能で、学ぶ力を持っている存在」
としてずっときました。

ここに来てからは
逆に「子供は動物で調教しなければならない」なんて言葉も聞こえます。

なのでアプローチも全く違う。
授業中には机間指導を全力でする。
間違いを時間をかけて先生が見て、直させる。

そんなことだったんだろうと思います。


今、少しずついろんな人と話をしながら、
僕の気持ちや考えを伝えることをしています。
でも、急いではことを仕損じる

まずはいっぱい話すことからスタートです。