読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

ほんとうの宝ものは

一か月近く力を入れてきた学習発表会が終わりました!

初めての全体指導。
これは今までおんぶにだっこだった自分に新しい経験をくれました。

やったのは
「ほんとうの宝ものは」
という劇。

これを各クラスのカラーが出るようにつくりなおして
行いました。


練習ではいっぱい学年の先生には相談して、みんなで作り上げた感じになりましたが、
助けられたことたくさん。
いい学びになりました。


初めての劇を指導するのに最初はとまどったこともあったけど
だんだんと慣れてきて伝えたいことがいえたのは
ラストの1週間。


学年として「本気で何かに取り組む」ということが課題だったので
時には厳しいことも言ったりして・・・

「中途半端にやって、できないことの言い訳にしない!」
「常に全力で!」
とか
でも、絶対にもっと力が出る!って信じていた気持ちは揺るぎません。

1日目はトップバッターの緊張感から
リハーサルの
3割ぐらいの出来。。。

その日に全員で振り返りをしました。今日の出来栄えはどうだったのか?明日はどうしたいのか?
必死に考え、

2日目。がんばって及第点を上げられるぐらいの結果になりました。
何より真剣な表情が見れたのがうれしかった〜

もちろんここでも振り返り。満足感があふれていました。

子どもたちもぐっとこの1カ月で成長。

これからクラスの目標に向けての真剣な取り組みができそうです。