うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

学校公開

一週間のながーい学校公開が終わりました。

なんかちょっとでも成長を見せたくて
今回は僕も気負いすぎて失敗してしまったところもあったけど

すっごくいい機会になりました。

もう一度「授業というものを見直していきたい!」
そんなきっかけになりました。

今年の自分での研究は「ノート作り」
ノート作りと授業の流れをリンクさせる。


普通の授業は「板書を写す」っていう作業になるわけだけど
板書からではなく「ノートを作る」
ということにもとりいれていきたい。


そんな流れを模索しています。

算数などでは発展的な学習に取り組める子どももいるし
補充的な学習で終わってしまう子もいる。
そんな個人差も大切にしながら

それでも、ステキなノートに学習をまとめるってことをしていきたいと思います。



社会や理科もこれから変えていきたいと思います。
キーポイントは「実際の職業を体験できること」
こんなことをテーマに課題づくりをして単元の流れを作っていきたいと思っています。