うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

続・2年生の壁を超える

今日、生活科で子どもたちが1年生を招待しました。

さてどんなものが出来上がったかというと
前日まですっごく四苦八苦していたものの
なんとか出来上がりました。

おばけやしき
子どもたちは全部段ボールを使おうとしていたけど
あえなく断念。
横はひな壇をうまく使うことに

人間すごろく
罰ゲームはけつバット(笑)

サッカー
ゴールをポストは段ボールでネットはひもでつくろうとチャレンジしていたけど
これまた断念。
サッカーゴールは学校のを使うことに

わなげ
これいちばん順調にいっていた

失敗の中にもいろいろな発見があり、子どもたちにとっては素敵な学びになったようです。

「ちょーたくさんきた(笑)」
と、どのアトラクションも大盛況でした!
1年生の感想も聞かせていただき
とりあえず、「1年生を楽しませる」という目標は
達成できました。

本番はこっから
後片付けのあとふりかえりです。
どうやって振り返るべきかずっとなやみ、質問を考えてきました。
具体的に、考えやすく、それでいて次につながる。
ということを目安に5つの質問について考えてもらいました。

これをソロになっての振り返りです。

これからじっくりみんなの振り返りを可視化し
クラスのビーイングにつなげていきたいです。