うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

森絵都『カラフル』

なんだかたまにこういう小説が読みたくなる。
 
一度死んでしまった魂が
仮宿の肉体にホームステイしながら
自分のやった過ちは何なのか
見つけていくという物語なんだけど
 
とてもおもしろい。
中学生の気持ちがすごく伝わってくる
なんか飾らない言葉がそうさせるのかも
 
この続きはどうなったんだろうって
考えたくなる作品でした。