うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

ヤガイカツダー養成キャンプ

すっごく楽しかった4日間を過ごしてきました。
カヌー・カヤックをやったり
コンパスワークをやったり
 
今までに経験したことのないことを
たくさんできました。
 
純粋に楽しむこともできたし
大きな学びもありました。
 
体験学習のサイクルをPAというアクティビティだけでなく
キャンプというアクティビティで回すことができる
ということがすごく伝わってきて
 
「教科学習の中で体験学習サイクルを回すこと」
これが僕らに課せられた課題であること
ということをより一層深く再確認しました。
 
より多くの人がこのことを感じられたらと思ったけど
どうだったのだろう?
 
ニノさん、papazowさんという2人のファシリテーターにお会いできたことは
こんな姿もあるんだな〜っていうことと
 
チームをすごく観察し評価し
じっと待ち
ここぞという場面で介入していく
 
見ているだけで楽しくなっちゃいます。
参加者としてはちょっと申し訳なかったけど…
 
経験をもっと積まなきゃいけないなということ
やっぱり失敗するのは嫌いなんだなということ
これを再確認しました。
 
キャンプインストラクターという資格までいただき
いい時間になりました。