うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

調査団結成!

ひょうとグラフが終わり
そして1000までの数の学習に入った。
 
子供たちの日常に近いものと思って考えていたけど
まとまらなかったので
子供たちに尋ねてみることにした。
「この学習が終わったら、みんなで学校のものを調べてみようよ」
「100より多そうなものってなに?」
 
図書室の本
ランドセル
などなどいっぱい出てきた中で
最終的に決まったことは
 
「えんぴつ」
 
どこのクラスが一番えんぴつを持っているのか?
このみんなで決めた調査を行うことを決定。
 
おそらくアンケートとかをとってやるのかな?
最終目標が決まったところで
1000までの数を知らないといけない
さあ、勉強しなくちゃ!!
 
作家の時間のように
算数もミニレッスン→学び合いタイムという流れを導入しています。
これが一番僕の中でしっくりくる
僕もクラスの一員に慣れていると感じる方法
 
モチベーションは高いです(笑)
だって、ゴールはえんぴつですから。