うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

チーズはどこへ消えた?

最近よく本屋さんに行きます。

目的は立ち読みなんですけど…

そこで、みつけちゃいました。
新しいスペンサー・ジョンソンさんの本

それが読みたいがために
昔、読んだことのある
チーズはどこへ消えた?」をさっそく図書館から借りて再読しました。

ホント、お天気のいい土日に
ひたすら読書というインドアっぷりの過ごし方(笑)

ここから大学時代に見えなかった言葉に
ビビビっときました。


「従来通りの考え方をしていては新しいチーズは見つからない。」

「新しい方向に向かえば、新しいチーズは見つかる」


これが最高です!
と決めつけてしまった瞬間に周りは見えなくなり
ヘムとホーのようになってしまう。

だから、きっとまだ一番はどこかにあると
探し続ける姿勢が大切なんだと思います。

すごくいい言葉でした。

今度は
「頂きはどこにある?」
を読みたいと思います。

スペンサー・ジョンソンさんの本は読みやすい。



 私のおすすめ:
チーズはどこへ消えた? /スペンサー・ジョンソン/著 門田美鈴/訳 [本]