うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

いいところを見つけよう!〜作家の時間


さて、今日はみんなでただひたすら読みあう時間です。

書いていいことは
「友達のいいところ」

こんなところが素敵だよ
と伝えあうのです。

もちろん、いろんな人を読んで自分の技にしていくのも大切です。
そんな2つの目的があるこの時間

子どもたちは作家の時間が始まる前の
作文の時間でも
「みんなのを読むよ」と言うと
「いえ〜い」
と大好きな時間でした。


ひさびさです。
はじまると足音とちょっとのつぶやきと書く音だけ
いい雰囲気の音がクラスに流れます。
クラス全体が図書館になったような感じです。

僕も読んだ感想を伝えながら
子どもたちと一緒に
「先生も読むの?」
「あたりまえじゃん。だってみんなの読みたいもん。」

なんて笑われました。
うそです。笑顔で答えられました。

これが起爆剤になって
最後にはクラス文集作りをしていきたいと思います。