うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

最高のクラスのつくり方

この本が出るのを僕はとても楽しみしていました。

10月に初めてお会いした方で
尊敬するいわせんさんのクラスの「子供たち」が
書いた学級経営本だということで

とっても首を長〜くして待っていました。

昨日さっそく帰りに買って
電車の中で読んでしまいました。

家に帰ってからもう一回
さらに今日もう一回

何回でも読んでしまいます。

自分のクラスとどう違うのだろう?

そんなことを思いながら読みました。

クラスが常に1つのことを目標にして進んでいる。
そして、それもみんなが共有して目指している。

そんな感じが伝わってきます。

トラブル解決のシーンでも子どもを信じて待っている。

そんな先生のスタンスが伝わってきます。



自分はいい先生なのでしょうか?
その逆にはなっていないのかな?

自問自答です。

「待つ」「子どもに任せる」「ほうっておく」
似ているようで全く違う。
それが子どもに伝わっているのでしょうか?

難しいことなんだろうけど
すごく僕が読んでも、考えさせられる本でした。


2年生の子供たちにも紹介したいけど
どう紹介しようかと悩み中です。
読み聞かせでもしてみようかな?



 私のおすすめ:
最高のクラスのつくり方 [本]