うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

作家ファイル完成!〜作家の時間?〜

今まで書いた作文をファイルにまとめて
教室の後ろにおいた。

「これはみんなが作家として出した本だからね。」

「この本を読んで、いいところをまねしてもいいよ。」
「そして、これから完成したものは、ココにどんどんはさんでいくよ。」

と説明した。

とたんに、みんな一斉に群がる。

自分の昔の作品を読んでなつかしがっている。
そういう成長を実感するのって大切だなと。

だんだんとみんな自分のペースで
書くことを勧めるのが楽しくなってきているみたい。

こっちはみんなが無駄なおしゃべりしていないか
心配になっちゃうけど

きっと無駄なんてないんだろう。

まだまだ自分改革が進んでいないみたいです。


サイレントルームの理科室から帰ってくる
みんなも満足げな表情です。

「いや〜、今日も書いた。」

と言っている子も。


もっと良くするためにはどうしたらいいんだろう?
いい勉強をするのは自分次第だよ?

と問いかけながら
次に進んでいきたいと思います。

大体みんな一作できたら

昔の作文でもやっていたように
作品を机の上において
みんなで読み合う会を作りたいな〜