うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

その日のまえに

ブログで重松清について書いていたら
コメントをいただいたことから
読もうと思っていた本です。

毎日一章ずつゆっくり読んでいきました。

テーマは「病と死」
自分が大きな病気にかかってしまったら
それとその家族が
どのように向き合っていくのか

もっとも印象に残った話は
『ヒア・カム・ザ・サン
そしてその後の様子が
『その日のあとで』
に少し出てきます。

このトシくんがどう変化したのか
その成長が素敵でした。

出会いとか別れは
人に大きな影響を与えるんだろうなと再確認です。



 私のおすすめ:
その日のまえに /重松清/著 [本]