うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

エコキャップおんせんプロジェクト始動!

算数の時間でエコキャップを数え終わったとき

エコキャップの山を見て
「おふろだー」
と一人の男の子が飛び込んだ。

そうすると、みんながそのおふろの中に飛び込んだ。

そこで
「エコキャップおんせん作ろうか?」
と言ってみたところ

「やりたいっ!!」

ということで急きょ会議が開かれる。

「どうせなら、ロング学活(子どもまつりみたいなもの)に出したいね。」

「うん」

「じゃあ、ダメかもしれないけど聞いてみるね。」

どんなことをしようか?
○おんせんは段ボールでつくる
○すべり台みたいなのをつけて、飛びこめるようにしたい。
○クイズみたいなのを出して答えられた人が飛び込めるようにしたら?
○男湯と女湯を作りたい。

すごく広がってきた。

史上初の二年生のロング学活出店に向けて
もう鼻息は荒い。

さっそく交渉すると、
残念ながら、ロング学活出店はならなかった。

しかし、中休みや昼休み限定でお店を出すのはいいらしいので

いよいよ明日から動き出す
「エコキャップおんせんプロジェクト」
すごく楽しみな2組だけのイベントのはじまりです。