うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

ライティング・ワークショップ

後期後半にぜひチャレンジしたいことのうちの1つ

それに向けて職員室からこっそり本を持ち出して
お家で読みました。

いろんな言葉が響きました。

「書くためには読むことが必要です。
本を読まずして書くことは一人でシーソーに乗っているようなものです。」

「作家には決断が必要です。」

「スキーの指導者を思い出してください。」

「『説明する』よりも『練習する』」

「表面的なことにとらわれないで何がその原因か考える。」

「不愉快な作品、不愉快な言葉にはストップをかける。」

当たり前のことなんだけど、あらためて言われて感じたこともたくさん。
そして、普段の生活につながることもいっぱい。

教師には我慢強さが必要だということがすごくよくわかりました。
そして目標を明確に持っていること
何を子どもたちに身につけさせたいかしっかりと考えていること

大切なことを教わりました。



 私のおすすめ:
ライティング・ワークショップ 「書く」ことが好きになる教え方・学び方 [本]