うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

幸福な食卓  

飛行機内図書第1弾

登場人物の人柄が出ているような作品

女の子の目線で書かれているので、
その語りなので
とってもやわらかい。

しかし、その中にも家族のありかたとか不思議さが
書かれている。

その中で死と言うものもやわらく書かれているので、
最初の衝撃はそれほどでもなかった。

しかし、大浦君の手紙はすごく響く。

映画にもなってるみたいなので、楽しみが1つ増えた。



 私のおすすめ:
幸福な食卓 /瀬尾まいこ/〔著〕 [本]