うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

世界基準

相方はホールズ中毒者でした。
でも、自分に一直線な人です。
モアイみたいな写真がいくつか撮れました。


と、そんな人と旅をしていました。


スペインでの生活を一言メモにのせて振り返ると


ぶどうを食べるタイミングを間違える年越し
地下鉄の適当っぷりがすごい
集合場所を見事にスルーして、遅刻
オリンピックスタジアム
グエル公園
サクラダファミリア、ディズニーランドなみに並んでいるので断念
サンパウ病院
カサ・パトリョで音声ガイド壊れる
カテドラルなど歩き回る
バルでタパスとビール
太陽が出るのがおそい
食事時間がおそい
スペインは甘い物好き?朝からバイキングに大量のクッキー
世界の車窓からみたいな風景が広がる
一変する町並みとホームのない駅
フィゲラス到着
サルバトール・ダリ美術館のテーマは「生と死」
ヨーロッパ人の美術館マナーが悪い。写真を普通に取っている。
ピザとトルティーヤの昼食
夕食はムール貝スープとツナサラダ
カンプノウ一番前の列でバルサ戦観戦
スリや強盗を警戒しながら、帰る
早朝にサクラダファミリア登頂しながら、英語ガイドで
イカ墨パエリヤで口を真っ黒に
ピカソ美術館にタダで入る。ピカソライフヒストリーを知る
レイアール広場
コロンブスの塔
グエル邸
タパタパにて一杯
お通し的なトマトのパン
さらに帰ってからホテルでビール
朝4時に出発
機内に12時間は行きと同じように、音楽&睡眠、そして読書
フランクフルトは雪


と、この続きはまた今度
写真は容量が大きすぎて載せることができず…


バルセロナで年越しを楽しみました。
スペインはクリスマスが6日まで続くので、お正月感ゼロです。
サクラダファミリアが完成するころにまた行きたいです。

なかなかいい旅でした。今年は

「もっといろいろな世界に目を向けること」

「去年の学びを自分のものにすること」


をmottoにやって行きたいと思います。

次は英語圏に一人旅なんかもいいかななんてたくらんでいます。


最後に
あけましておめでとうございますっ

本年もよろしくお願いします。