うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

努力できることの才能

今読んでいる松井秀喜『不動心』より題名を拝借。

ここ2か月ぐらい
ホントに駆け足で過ぎてしまった気がする。

いろんなことを知って
やってみて

実践の厳しさを知る

成長が止まった。

スランプは誰にでもあり
超えられるものだと信じているが

「この壁はどのくらいの厚さなんだろう」と不安になる


自分は成長するのに人一倍
いや、人五倍くらい練習が必要な人間だ。

これはおととしの経験、去年の経験から気づいたこと。


それを知っているだけに
怖い気もする。
もちろん、練習をやめることはない。

まだまだもやもやから抜け出てはいないことを
実感する学校公開になってしまっている。

なんとかいいイメージで次につなげたい。