うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

続・雨の日の過ごし方

今日は晴れているけど…

昨日の続きで読書
あ、もちろん外には出てジョギングも楽しんでおりますが(笑)

昨日の?の続き

あの本を読んで
小松信哉さんのすごさを知った!

まず、子供を見て学習の場を変化させる
その察知能力

これはすごい!

ペア学習だったり
一対多数の場だったり
グループだったり

それを見抜く力がハンパない。

次に、教材研究の力
子供がやりたくなるような
みんなが作る課題

そしてそれに発展性がある

最後に、子どもの発言を待つこと
そのまま受け止めて
話し合わせること

ものすごいものを本から味わった気がする。
う〜ん、道はまだまだ遠し。



 私のおすすめ:
子どもが「やさしくなる」算数の「話す」「聞く」「書く」活動 [本]