うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

校内研修でいただきました。

校内研修にて

リーパーすみ子さんが英語の読み聞かせを
たった10分ぐらいだけど来ていただいて
してもらった。

「brown bear」
「go away!green monster」

子供にはちょっと難しかったみたいだけど
絵では楽しめてたかな。


授業も参観して

フォネミック・アウェアネス
を初めて知った

英語の言葉遊びがいっぱい。

今年の5月までは
フォニックス
を初めて知って

英語学習をまた新しい見方で見れる


12月生まれということで
リーパーさんの本をなぜかいただきました。
2冊しかない貴重な一冊

読んでみて、おもしろさをしりました。



 私のおすすめ:
アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている 英語が話せない子どものための英語習得プログラム ライミング編 PHONE [本]