うみをあるくえかきびと

小さな振り返りノートの積み重ねから気づいた大きなスケッチブック。今のところの考えをつれづれなるままに。

雨降って、地固まる

いろんなことを知りすぎて
わらわらしすぎて

自分の一番
根本になることを
忘れてしまっていたような気がする。

もう一度
最初を振り返ろう
自分が経験してきたことを

そこからまた新しい一歩を踏み出すことで
今のふわふわした考えも
固まってくるのだろう。



そして

一緒に頑張ってきた人たちは
「先に行っているよ。待っているから」
と言って
先に行ってしまった。

どんどんひとりぼっちになっていくな。
ホントにこのままでいいのか?
引導を渡してくれる人がいたら
どんなに楽になれるのだろう?

自転車のアームストロング選手が
「苦しみはいつか消える。あきらめた後悔はずっと消えない。」
正確には覚えていないけど、
こんなことを言っていた。

今はきっと苦しみの中にいるんだろう。
いつか突き抜ける日が来ることを祈っている。